美容整形と整形外科の違い

美容整形をおこなう美容外科は、とどのつまり外科学の一分野で、医療に主眼を置く形成外科(plastic and reconstructive surgery、plastic…形を作る、reconstructive…復元する)とは別のものである。また、整形外科とも早とちりされがちであるが1分野が違っている。

外観をきれいにする事で気持ちが元気になり大らかになるのは、顔に悩みを抱えている人もいない人も一緒です。私たちはリハビリメイクを己の内面から元気を引っ張り出す最良の手段だと信じているのだ。

昼間なのに通常さほどむくまない顔や手が酷く浮腫んだ、十分眠っているのにも関わらず脚のむくみが引かない、といった時は疾患が隠れている可能性があるので主治医の迅速な処置が必須でしょうね。

現代社会を生きていく私たちには、身体の内部には人体に悪い影響を与える化学物質が取り込まれ、その上に己の体内でも細胞を傷つける活性酸素などが次々と生成されていると報じられているらしい。

メイクアップでは目立たなくする事にとらわれるのではなく、メイクアップを介して最終的に患者さん自身が己の容貌を認め、社会生活への新たな一歩を踏み出す事、そしてQOLをもっと向上させる事が目標です。

運動や入浴で汗をかいて身体の中の水分量が減少すると自然に小便が減らされて体温調節に必須な汗用の水分が備蓄されるため、この水分自体があのむくみの原因になります。
細胞が分裂する速度を活発化させて、肌を生まれ変わらせる成長ホルモンは日中の勉強などの活動中は出なくて、夕食を終えてゆっくりと体を休めくつろいでいる状態で分泌されると考えられている様だ。

日本の医療全般がクオリティ・オブ・ライフ(quality of life=生活の質)を大切に捉える傾向にあり、物づくりに代表される日本経済の熟成と医療市場の急速な拡充により、外見を私好みに変化させられる美容外科(Cosmetic Surgery)は近頃最も大人気のある医療分野だろう。
審美歯科というのは、美を重視したトータルな歯科医療の事。歯の持つ働きには物を噛み潰すなど機能的な側面と、表情を明るくみせるなど審美的な側面があり、両方健康においては外せない要素だと言えよう。

元来ヒアルロン酸(hyaluronic acid)は人間の細胞と細胞の間に多く含まれ、水分の維持や衝撃を吸収する緩衝材の役目をして大切な細胞を保護している様だが、歳を取るにつれて体の中のヒアルロン酸は減少していくのだ。

コメントを残す